Side Menu

MUTYH

基本情報

遺伝子名
mutY DNA glycosylase
慣用名
MYH
遺伝子分類
がん抑制遺伝子
遺伝子ID
転写産物ID
機能分類
ゲノム安定性の維持
シグナル伝達経路
DNA damage control
染色体上の位置 (GRCh37/hg19)
1p34.1 (chr1:45794978..45805926, complement)
アミノ酸配列の長さ
546

遺伝子マップ

解説

MUTYHは、塩基除去修復に関与する。環境変化や代謝によって生じる酸化ストレスに起因する塩基の化学修飾のうち、最も安定的な8-オキソグアニンは本来対合するシトシンだけでなくアデニンとも対合が可能である。そのためG:C>T:Aの変異を誘発する原因となる。MUTYHは8-オキソグアニンと誤対合したアデニンの除去を行うDNAグリコシラーゼである。MUTYHの生殖細胞系列変異は、常染色体劣性遺伝形質を示す大腸腺腫症であるMUTYH associated polyposis (MAP)の原因遺伝子として知られている。

がん種別変異頻度

遺伝子変異

コピー数変化

遺伝子変異総量(Tumor Mutation Burden)の分布

アミノ酸配列上の変異分布

がん種毎の頻度情報

  • 低悪性度
    神経膠腫
  • 多形膠芽腫
  • 髄膜腫
  • 頭頸部
    扁平上皮癌
  • 唾液腺癌
  • 食道扁平上皮癌
  • 胃腺癌
  • 小腸癌
  • 結腸腺癌
  • 直腸腺癌
  • 肝細胞癌
  • 胆管癌
  • 膵腺癌
  • 肺腺癌
  • 肺扁平上皮癌

  • 神経内分泌腫瘍
  • 胸膜中皮腫
  • 胸腺腫
  • 浸潤性乳管癌
  • 浸潤性小葉癌
  • 化生癌
  • 骨肉腫
  • 消化管間質腫瘍
  • 軟部肉腫
  • 子宮頸癌
  • 子宮類内膜腺癌
  • 上皮性卵巣癌
  • 淡明細胞型
    腎細胞癌
  • 悪性黒色腫
  • 有棘細胞癌

ドライバー変異リスト

参照配列上の
位置
(GRCh37/hg19)
参照配列の塩基 変異の塩基 変異が位置するエクソン番号 変異
(アミノ酸
変化)
変異
(CDS
変化)
COSMIC登録ID (v92) がん化との
関連度による
分類
変異が検出されたサンプル数
chr1:45798112 G A 9 / 16 p.R244* c.730C>T   Tier2 1 / 36