お知らせ一覧

  • 2021/09/30 第80回日本癌学会学術総会においてJCGAのポスターを掲示しました。
    P7-1-6: Utilization of Japanese cancer genome database (JCGA) in the interpretation of results in cancer gene panel tests
  •   
  • 2021/09/30 JCGAデータベースの論文がHuman Genome Variationに掲載されました。JCGAを利用された際は引用をお願いします。
  •   
  • 2021/09/01 英語版JCGAの公開予定を発表しました。
  •   
  • 2021/09/01 機能分類・シグナル伝達経路において以下の変更を行いました。
    AURKAおよびAURKBを”Cell division”に変更しました。
    CUL4Aを” Protein homeostasis”に変更しました。
  •   
  • 2021/03/19 「利用方法」を更新しました (Version 1.5)。
  •   
  • 2021/03/18 「ドライバー変異リスト」の各項目におけるタイトルを日本語表記に変更しました。
  •   
  • 2021/03/15 JCGAデータベースの公開についてプレスリリースを発表しました。
  •   
  • 2021/03/15 「利用方法」を更新しました (Version 1.4)。
  •   
  • 2021/03/11 KEAP1/NRF2の3遺伝子の機能分類を「酸化ストレス応答」に修正しました。
    「Chromatin modification」を「Epigenetic modification」に修正しました。
  •   
  • 2021/02/24 55遺伝子について解説を更新しました。(AMER1, APC, ARID1A, AXIN1, BRCA1, BRCA2, CDK4, CDKN2A, CIC, CREBBP, CTNNB1, CUL3, DAXX, DNMT3A, EGFR, ERCC4, ESR1, HRAS, KEAP1, KMT2D, KRAS, MAP3K1, MCL1, MLH1, MSH2, MSH3, MSH6, MTAP, MTOR, NBN, NF1, NFE2L2, NRAS, NTRK1, NTRK2, NTRK3, PALB2, PDGFRB, PIK3R1, PMS2, RAD51, RAD54L, RB1, RICTOR, RNF43, SMAD2, SMAD4, SMARCA4, SOS1, SOX9, STK11, TERT, TGFBR1, TGFBR2, VHL)
  •   
  • 2021/02/05 遺伝子グリッドに機能を追加しました。検索対象遺伝子の頭文字を選択することで、目的遺伝子付近に移動することができるようになりました。
  •   
  • 2021/01/19 「利用方法」を更新しました。A4の冊子としてダウンロードできるようになりました。
  •   
  • 2021/01/19 「利用方法」を更新しました。
  •   
  • 2021/01/12 「利用方法」を更新しました。
  •   
  • 2020/12/24 ヘーダ―メニュー内の「利用方法」の表示を開始しました。
  •   
  • 2020/12/08 シグナル伝達経路の図の表示を開始しました。
  •   
  • 2020/12/02 JCGAデータベース(β版)の一般公開を開始しました。
  •   
  • 2020/11/30 JCGAデータベース(β版)の限定公開を開始しました。