Side Menu

RAD51D

基本情報

遺伝子名
RAD51 paralog D
慣用名
BROVCA4、RAD51L3、TRAD
遺伝子分類
がん抑制遺伝子
遺伝子ID
転写産物ID
機能分類
ゲノム安定性の維持
シグナル伝達経路
DNA damage control
染色体上の位置 (GRCh37/hg19)
17q12 (chr17:33427972..33446632, complement)
アミノ酸配列の長さ
328

遺伝子マップ

解説

RAD51Dは、RAD51ファミリーで、DNAの相同組み換えおよび修復に関与する。この遺伝子は、RAD51L1、RAD51L2およびXRCC2を含む多くのメンバーと複合体を形成し、一本鎖DNAと二本鎖DNA間の相同なペアリングを触媒し、DNA組み換えの初期段階において機能している。この遺伝子と下流リングフィンガーおよびFYVE-likeドメイン(RFFL)との間にリードスルー転写物が存在する。

シグナル伝達経路

がん種別変異頻度

遺伝子変異

コピー数変化

遺伝子変異総量(Tumor Mutation Burden)の分布

アミノ酸配列上の変異分布

がん種毎の頻度情報

  • 低悪性度
    神経膠腫
  • 多形膠芽腫
  • 髄膜腫
  • 頭頸部
    扁平上皮癌
  • 唾液腺癌
  • 食道扁平上皮癌
  • 胃腺癌
  • 小腸癌
  • 結腸腺癌
  • 直腸腺癌
  • 肝細胞癌
  • 胆管癌
  • 膵腺癌
  • 肺腺癌
  • 肺扁平上皮癌

  • 神経内分泌腫瘍
  • 胸膜中皮腫
  • 胸腺腫
  • 浸潤性乳管癌
  • 浸潤性小葉癌
  • 化生癌
  • 骨肉腫
  • 消化管間質腫瘍
  • 軟部肉腫
  • 子宮頸癌
  • 子宮類内膜腺癌
  • 上皮性卵巣癌
  • 淡明細胞型
    腎細胞癌
  • 悪性黒色腫
  • 有棘細胞癌